Posts by Ann Mack, Jordan Price and Mark Truss

AnxietyIndex: In wake of disaster, Japanese re-evaluate who to trust

As part of our ongoing AnxietyIndex surveys, JWT fielded a study on the levels and drivers of consumer anxiety in Japan in the aftermath of the March 11 earthquake and tsunami. As one might expect, nearly all respondents (91 percent) reported feeling anxious—the disaster only intensified already pervasive anxiety in Japan (in March 2009, 89 percent reported feeling anxious).

In response, people are re-evaluating who to trust, with high levels of approval for corporate responses to the disaster and traditional media. But only a third of respondents said they trust what the government is saying about radiation from the Fukushima nuclear plant, while 40 percent trust what the government is saying about the disaster generally. Not surprisingly, then, only a third are confident in the government’s ability to successfully steer Japan through the crisis.

Corporations seem to be filling the trust void, with eight in 10 Japanese saying they trust what big corporations have been doing to help during the disaster, and two-thirds saying the same of local businesses in their town. Brands can help fill the leadership vacuum with innovative, decisive actions that make a real difference. For brands that step up to this challenge, the rewards to equity can be significant, given the nation’s sentiments.

When asked what would help signal a return to normalcy, seven in 10 Japanese say it will be when TV channels start to show regular ads again. And almost six in 10 agree that “Right now, ads make me feel like everything will be OK.”

The survey polled 502 adults aged 18-plus. This report is the first in a series on Japan that seeks to analyze post-disaster shifts in perception, values and behavior in order to formulate insights relevant to brands in these uncertain times. For more on the findings, download the full report here.

震災後の日本人、指導者に不安

アン・マック、ジョーダン・プライス、マーク・トラス

3月11日に日本を襲った震災後の消費者の不安レベルとその原因を探るため、JWTは日本を含む世界80カ国以上で8年間継続的に実施している「消費者不安指数調査」の日本震災特別版を開始した。予想にたがわず、消費者のほぼ全員(調査対象となった人々の91%)が不安を感じている。日本にすでに蔓延していた不安がさらに高まった(2009年3月の調査では89%が「不安を感じている」と回答)。

福島原子力発電所の放射能漏れに関する政府の説明を信頼していると答えたのは回答者の3分の1に過ぎず、また災害全般について政府の言うことが信頼できるとの回答は4割程度だった。当然ながら政府の手腕で国全体が今回の危機をうまく切り抜けることができると確信していると答えた人は3分の1のみ。

こうした「信頼の空白」を企業が埋めている様子だ。日本人回答者の10人中8人が、災害の余波のなか大企業が実施してきた活動を信頼すると答え、3分の2が自分の町にある地元企業について同様の回答をしている。従来のメディアに対する評価も比較的高い。日本人は誰を信頼すべきか再考を迫られているようであり、そのような状況の中、ブランドは実質的な違いを生みだす革新的かつ決然とした行動をとることで、リーダーシップ不在の穴埋めに貢献することができる。国民感情を考えれば、この難題に進んで取り組むブランドにとって、エクイティが受ける恩恵は非常に重要。

また、世の中が平常に戻りつつある目安となるものは何かという質問に対し、日本人の10人中7人が通常のテレビ広告の放送が始まることと回答。10人中6人が「目下のところ、広告を見ると『万事安泰』という気持ちになる」と答えた。

本レポートは震災後の日本に関するシリーズの第一弾であり、18歳以上の男女502人を対象に、意識・価値観・行動の変化を分析し、この不確かな時世の中、ブランドにとって適切なインサイトを系統立てて示すことを目的としている。

フルレポートはこちらよりダウンロード可能。