Posts by Amy Naoko Morita - Tokyo

Yahoo! responds to Japan’s energy shortage with ‘Power Usage Indicator’

As a result of the earthquake and nuclear crisis, a shortage of power has become an everyday issue for Japanese consumers and businesses. There is a growing concern that this will impact economic recovery, with factories stopping operations every now and then, commuters delayed by trains that periodically stop or slow down, and shops and restaurants closing earlier. People have become extremely conscious of the need to conserve power in their everyday lives, especially with the hot summer approaching, a time when power usage peaks with use of air-conditioning.

Shortly after the earthquake, Yahoo! started displaying a “Power Usage Indicator” on its home page. It uses data from the utility TEPCO to show how much power is being used, updated by the hour, giving people a tangible way to gauge the current situation. Until the earthquake, most people didn’t think much about their energy consumption and used power as if the supply were infinite. The indicator makes people constantly aware of the issue and lets them know when to be especially careful about their own usage.

This is a good example of “branded utility”—finding practical ways to help people in response to the difficulties that arise during our recovery process.


「節電促進の為の電力使用状況アプリYahoo!トップページにて」
森田尚子 - 東京

東日本大震災と福島原発危機の結果、日本の消費者やビジネス界にとって電力不足は日常的な課題となった。停電による工場生産ラインの停滞、交通機関の乱れ、飲食店の閉店等、生活や経済復興への悪影響に対する懸念が広がった。そのような状況の中、人々の日常における節電意識への高まりは当たり前の現象となり、特に数ヶ月後に予想されているエアコン需要に伴う夏場の電力使用ピークに向けての電力不足への不安が増してきている。

震災後間もなく、電力使用状況を示すインディケーターアプリがYahoo!等のトップページに登場。常に一目で電力消費状況が確認できるようになっているこのアプリへの情報提供は東京電力。震災以前はほとんどの人々が自分たちの電力消費量など考えたこともなく、電気は制限なく供給されるものだという意識の中で電力を消費し続けていた。しかしこのような電力使用状況インディケーターがYahoo!等のトップページに常にあることで、毎時変化していく電力使用状況を具体的に見ることになる。それにより、一日のどの段階で電力消費が高まり、どのタイミングで電気スイッチを切るべきか等が非常に分かりやすくなる。

復興というプロセスの中で発生する様々な問題に対しての解決策となる実用的な広告、いわゆる「ブランディド・ユーティリティー」の良い例である。